FXで9割を占める大切なモノ – FX塾STARSは初心者の方でも安心してセミナーにご参加いただけるFXスクールです

FXで9割を占める大切なモノ

こんばんは、白土です。

今週は、フィギュアスケート
世界トップ6による世界一決定戦
GPファイナルを見ていました。

羽生結弦選手のメンタルが好きで
ちょくちょくフィギュアスケートの話題を取り上げていますが、
最近は色々な選手のジャンプのレベルが
めちゃくちゃ上がってきています!!

ちなみに羽生選手が本番でやる4回転は
4回転トゥループ
4回転サルコウ
4回転ループ
この4回転ループは
今年の10月に世界で初めて
羽生選手が試合で成功させたモノです。

でも、最近はこれだけではありません。

宇野昌磨選手は
こちらも世界初の「4回転フリップ」を
今年4月に試合で成功させたり、

アメリカのネイサン・チェン選手が
4回転ルッツ
4回転フリップ
の2つを同時に成功させました。

s__37724163

これだけ色々出てくると気になる事・・
「それぞれのジャンプの違いって何??」

そこで調べてみました。

大きく分けて、
Point1:前向きでジャンプするか後ろ向きでジャンプするか?
point2:右足と左足のどちらでジャンプしているか?
point3:ジャンプするときに逆足のつま先で氷を蹴るか?

この違いが名前の違いを生んでいます。

具体的に言うと、
前向きでジャンプするのは1つだけ。
⓵「アクセル」

後ろ向きでジャンプするもののうち、
右足でジャンプするのは
⓶「ループ」
⓷「トゥループ」
の2つだけ。

左足でジャンプするのは
⓸「サルコウ」
⓹「フリップ」
⓺「ルッツ」
これで全部です。

これらのうち、
逆足のつま先で氷を蹴らないのが、
⓶「ループ」
⓸「サルコウ」

逆足のつま先で氷を蹴るのが、
⓷「トゥループ」
⓹「フリップ」
⓺「ルッツ」
これで見分けられます。

ちなみに、
⓹「フリップ」と⓺「ルッツ」は非常に似ていて、
ジャンプする際に軸足の内側加重が「フリップ」
ジャンプする際に軸足の外側加重が「ルッツ」
この違いだけです。

こうして並べると、意外と単純ですね。

ただ、4回転する中で
この違いを見分けようと試みましたが、
これが非常に難しい!!

皆さまも、今度スケートを見る時は
是非意識してみて下さい!

さて、前置きが長くなりましたが笑、本題。

最近は動画シリーズをお届けしていますが、
今回はFXで結果を出す為に
最も重要と言われている部分
「メンタル」に関する話になります。

それでは、動画シリーズの続きをどうぞ!

第9回目―FXで結果が出る人でない人

☆動画シリーズ☆第9回目―FXで結果が出る人でない人


第10回目―結果が出るようになる為のアドバイス

☆動画シリーズ☆第10回目―結果が出るようになる為のアドバイス


第11回目―多くの市場参加者と自分との関係性

☆動画シリーズ☆第11回目―多くの市場参加者と自分との関係性


第12回目―トレードの仕組みと考え方

☆動画シリーズ☆第12回目―トレードの仕組みと考え方


第13回目―トレードルールがブレる原因

☆動画シリーズ☆第13回目―トレードルールがブレる原因


第14回目―メンタルがブレないようにするためには

☆動画シリーズ☆第14回目―メンタルがブレないようにするためには

本日も、最後までお読み頂き
ありがとうございました^^

応援クリックよろしくお願いします! 
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1505162 mainbnr_stars

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です