【第101号】 デモトレのすゝめ – FX塾STARSは初心者の方でも安心してセミナーにご参加いただけるFXスクールです

【第101号】 デモトレのすゝめ

今日もここへ来てくれた

あなたに感謝します。

asahiです。


「デモトレードは本当に必要なのか?」

どんな勝ち方を経験するか?

トレーダーとして成功するために

ここはとても重要である。

何度も言っていることかもしれないが

お金を増やそうとトレードするのでなく

期待値が高いと思うからトレードする。

デモトレードはお金は増えない。

だから、良い。

経験の浅い、初心者や未経験者はこれで「そうか」と納得できるが

自己流を長く経験している人は、なかなか理解できないかもしれない。

「デモトレードで検証するより、1枚とか0.1枚でも実資金でやる方が緊張感があっていいのでは?」

それは違う。

緊張感が欲しいなら、デモトレードで負けた金額を募金するルールを作ればいい。

なぜ、デモトレードがそんなに重要なのか?

選手生命を分けると言っても過言ではないくらい、重要な土台を作る。

先に

デモトレードをやらなかった場合を説明しよう。

0.1枚の実資金でトレードし始める。

そこで、1ヶ月してプラスになることを経験する。

どういうプラスの出し方か?

例えば、損切りしない、損切りが大きすぎる、ナンピンする、根拠のないトレードをする。

そんなトレードが一回でもあれば、破滅的な勝ち方となる。

「一ヶ月してプラスが出たから来月は1枚でやろう」

とでも思い始める。

そして2ヶ月目。

そういう勝ち方をした1ヶ月目があれば、同じような2ヶ月を過ごす。

それでプラスを出したんだから。

無意識で、そんなトレードを選択をする。

2ヶ月目も、プラスになった。


セミナーで、抵抗帯やトレンドなどを知り

どうすればイメージ通り動くことが多くなるか?

勝ち方を知っている人こそ危ない。

イメージ通り動かなかったが勝つ時や

例えば30ピプスの含み益を5ピプスやゼロで確定してしまった時。

そういう勝ち方は、損切り(クローズ)ルールを変え始める。

「2ヶ月してプラスを出したんだから資金を増やしても大丈夫じゃね?」

3ヶ月目あたりで、10枚とか30枚とか

その人の資金力によるが

それは資金を一気に増やす、大きなトレードをやりはじめる。

そこで、もっとルールを崩すことになる。

例えば損切りが10ピプスだったとしよう。

1枚の10ピプスは1000円だったが、30枚の10ピプスは30000円。

人によっては本業の日当分が、一回の損切りで無くなる。

同じ10ピプスでも、金額が変わることで

精神的に動揺する。

でも、「大丈夫、自分は勝てるんだ」と

勝つ経験からそんな風に言い聞かせ、進んでいくだろう。

そうして3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月と勝てたとする。

半年して連勝ともなれば、100枚でトレードでもやり始めるかもしれない。

証拠金500万円。

10ピプスは10万円、勝ちトレードも負けトレードも10万円。

どういう勝ち方をしてきたのか?

本物か否かを試されるような時だ。

勝ち方の中で、損切りを時々変えて勝つことがあったとする。

損切りは10で決めていたが、20や30の損切りに変更すること。

例えば、スベって約定したり

気がついたら狙ったポイントは勢いが早く過ぎてるのにエントリーしたり

思い通りのエントリーのが出来なかった時こそ

損切り幅を変える時かもしれない。

そして、10ピプス10万円の損切りが、20万円や30万円という

もの凄い評価損益を見ながら

「損切りしないといけない」

「でもマイナス30万円はいやだ」

「このまま待てばプラスになるんじゃ?」

「利確は1ピプスでもいい。損切りは広げて利確の指値を置いておこう」

そして、その成れの果ては…

損切り無し、利確1ピプス。

いつか、その勝ち方で資金を吹っ飛ばす。

500万は250万に。250万は125万に。

125万は62万、31万、15万、7万。

強制ロスカット50%の口座で7回。

資金は100分の1になる。

なぜ????

500万が250万になった時に辞めれないのか?

そこから、ルールを守るようにならないのか?

そこで、もう一度自分の手法を見直すよう出来ないのか?

出来ない。

「自分はここまで勝ってきたんだ」

良い勝ち方をしてないくせに、自信だけは持っていて

その自尊心を守ろうとする。

もとい、デモトレードを経験していないから

500万が半分になった時点で

デモトレードを再開しようという発想が出ない。

「なんとかして250万を500万に戻さなければ」

そんな心境だろう。

もっと、よくわからないトレードを多くするし

自分が見ていない時に、チャンスが過ぎていく感覚になり

チャートから離れなくなり、いつでもトレードする中毒状態になる。

だからまた、早いうちに次の強制ロスカットをくらう。

500万が7万にでもなれば、もうしばらくトレードを辞めるだろう。

同じ10ピプスでも、100枚で10万円獲得していた経験が

1枚だと、たった1000円しか得られないのか?と思うから。

そのままもう蘇ってこないかもしれない。

退場。

デモトレードで検証する土台さえあれば…

そうアドバイスしても、大損して自尊心を大きく傷付けられショック状態では

聞き入れる余裕もなく、失った資金は戻らない。


お判り頂けたかだろうか?

デモトレードという経験を最低でも3ヶ月以上

経験しておくとそんなメリットがある。

「お金がないので」

と言って、コーチングを先送りする人は多い。

余命1ヶ月、親や子の命がかかったらすぐにでも用意できるはずなのに。

本当に、いまお金がないのであれば

それは大損しても生涯所得で考えると大した金額は損出来ない。

もの凄くラッキーな状態だ。

実体験でそう思う。

貯金なく、借金があり、コーチングを受けるためにさらに借金をして

FXを本気で学んだ。

デモトレードしかトレードできる場所がなかった。

デモトレードを本気で挑むしかない状態だった。

お陰で、3ヶ月でデモトレードは卒業した。

給料が入ったら、5万を入金して

支払い期限の1ヶ月間で300ピプスで約3万を得て

5万を引き出し、支払いに充てた。

翌月、5万の入金と3万で8万円スタート。

約6万円の利益を得て、同じように5万円を支払いに充てた。

その翌月は11万円スタート。

それを繰り返し、繰り返し、今がある。

実資金で大損したこともあるが、大した金額ではない。

驚くような金額を損出来るほど資金力が無かった。

しかし、大損した時に

すぐデモトレードに戻った。

同じ10ピプスで得られる金額が違うことが耐えられなかったので。

バイトを掛け持ちして、デモトレードをしながら貯金した。

寝る時間はほとんどない。

身の回りの売れる物は全て売った。

トレーダー1年目はそんな日々だった。

デモトレードに戻った時でも、同じように本気でやるしかない。

そんな状態を、とにかく抜け出したかった。

本物たる勝ち方とはなにか?

再確認するデモトレード。

とても良い経験だったと思う。

こんなに長く書くつもりは無かったが

これでも短くまとめたつもりなので、悪しからず。

最後までお読み頂きありがとうございました。

応援クリックよろしくお願いします! 
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1505162 mainbnr_stars

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です