日曜コラム:お金はどう使うべきか?その3 – FX塾STARSは初心者の方でも安心してセミナーにご参加いただけるFXスクールです

日曜コラム:お金はどう使うべきか?その3

「あぁ、それにしても!!」

競馬場からは何回か追い出されたことがある。
JRA職員から見てどうみても
未成年にしか見えなかったからだろう。

ここで私は切に願った。

「早く大人になりたい!」

もちろんギャンブルを堂々とするためである。
私は童顔だったので、
常にJRA職員から追い出される恐怖と戦っていた。

そこである戦略を思いつく。
老け顔の同級生を連れていくという手段だった。

これは見事に功を奏し、
それ以来競馬場から追い出されることはなくなった。
老け顔の友人に馬券を買ってもらうのである。

ちなみに未成年が馬券を買うのが違法であって、
入場や観戦じたいは問題ないのである。

こうして高校生になってからも
着々と地盤を固めていく。

華々しい人生の幕開け・・・
希望あふれる楽しい日々・・・

しかし運命というものは残酷である。
次第に歯車が狂いだし、
悪魔が日に日に近づいてきていることを
その当時の私は知る由もありませんでした・・・。

はじめのキッカケはなんだったのだろうか・・・
今思えばおそらく麻雀だったような気がする。

「相手がいないんだったら紹介しようか?」

悪友の一人が声をかけてきた。

ちょうど学校には既に対戦相手がいなくなっていた。
やれば勝つ、こういう思考回路が出来上がっていたので
もちろん喜んで誘いを受ける。

ここに集まった連中は本当にどうしようもなく、
各高校で相手を片っ端からやっつけてしまい、
対戦相手がいなくなった『雀ゴロ』で構成された卓だった。

この強豪のみで構成された麻雀フィールド、
そこで私は初めてギャンブルで痛い目をみるのである。

「つ、強すぎる・・・」

しかしムダにプライドだけは強く、
負けたまま終わることは出来なかった。

おそらく、楽してお金を稼ぐことにしか
意識が集中していなかったのだろう。

負けても負けても、

「次は勝つ!!」

と誓いそしてボコボコにカモられる。

「次こそは!!」

と期待を胸に勝負に向かっていき
ボコボコにカモられる。

もう完全にギャンブルに魅入られてしまっていた。

何かを努力するワケでもなく、
何か積み重ねてきたワケでもなく、
何の根拠もなく

「この次は勝てる!」

と思いこんでしまうのが
典型的なギャンブラーなのでしょうか?

自分にとって都合のいい展開しか
考えてこなかった人間が向かう先は・・・

「あぁ、それでも金が欲しい・・・。」

欲まみれの高校生活の始まりである。

応援クリックよろしくお願いします! 
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1505162 mainbnr_stars

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です