チャートとは – FX塾STARSは初心者の方でも安心してセミナーにご参加いただけるFXスクールです

チャートとは

FXで売買するタイミングを決めるために、おおいに参考になるのがチャートです。

チャートとは、過去の為替レートの値動きを、価格や時間を軸としてグラフにしたもので、口座を開設したFX取引会社のホームページなどで見ることができます。為替レートの動きを、数字だけでなく、グラフ化したチャートを使ってみることで、相場の流れがひと目で把握できます。それをもとに、今後の値動きを予測して、取引のタイミングを決めていきます。

チャートにはいろいろなタイプのものがありますが、ロウソク足を使ったチャートが一般的です。

ロウソク足

ロウソク足とは、値動きをわかりやすくするために、ロウソクの形を使って表したものです。ローソク足の形から、1日の始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)を知ることができます。

1日の値動きを1本のロウソク足で表す日足(ひあし)の他に、分単位で表す分足(ふんあし)、月単位で表す月足(つきあし)、年単位で表す年足(ねんあし)などがあります。

ロウソク足には、大きく分けて陽線と陰線の2種類があり、通常2色で色分けされています。陽線とは、始値よりも終値が高かった場合のロウソク足のことをいい、陰線とは、始値よりも終値が安かった場合のロウソク足のことをいいます。

また、始値や終値から上下に伸びた線をヒゲといいます。

ロウソク足の形や、ロウソク足同士を結んで補助線を書き、今後の値動きをある程度予想することもできます。

チャートの分析には、様々な方法がありますが、基本的な方法をいくつか紹介しましょう。
トレンドを把握する
トレンドラインを引く
移動平均線を読む
グランビルの法則を使う

テクニカル分析とファンダメンタル分析

チャートのように、過去の為替の動きに注目して、将来の為替の動きを予測することをテクニカル分析といい、デイトレードをはじめとする短期の売買を行う人にとっては、売り時や買い時を見極めるための手がかりになります。

また、政治や経済、天候などのさまざまな要因をもとに、総合的に為替の動きを分析することをファンダメンタル分析といい、これは中長期的な投資の役に立ちます。

一番望ましいのは、テクニカル分析とファンダメンタル分析を合わせて判断することですが、自分の投資スタイルに合わせて、重要視する分析を使い分けてもいいでしょう。

ロウソク足のいろいろな形

FXでの悩みを「シンプル」に解決できるコンテンツ集はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加