【第105号】 もう辞めたい – FXブログ|FX塾STARS

【第105号】 もう辞めたい

今日もここへ来てくれた

あなたに感謝します。

asahiです。


「相場は、用意が出来たらあなたが貰って当然のものを支払う。

その支払期日までそこにいればいいのだ」

面白い表現だ。

投資の本を読むと、多種多様な成功者が

いろんな表現で成功のアドバイスを書いている。

多くの、負けて退場していったトレーダーは

その支払期日を待てずに、退いていくそうだ。

素人こそ目先の利益を欲しがる。

「今日いくら儲けられるか」にばかり目をくらませて

利益欲しさに、相場に関わりたがる。

必要以上にチャートを見て、期待値が高いと思い込んでトレードをする。

そうすることが、今日も利益を出す行為だと思っている。

相場で勝ち続けるために重要な、【待つ】ことが出来ないのだ。


レストランも同じ。

欲しい料理をオーダーすれば

テーブルに運ばれるまで時間がかかる。

その時間が待てない。

「もうすぐ提供できます」という声を信じきれず、耳を傾けず

オーダーした料理が来ないことに待てずに代金を支払っているのに、レストランを出る。

そんな感じだろうか。

あなたがもし、「もう辞めたい」と思うほど損をしているとしたら

それは突破しなければならない壁であり、最大のチャンスを目の前にしている。

多くの成功者はそこから這い上がっているからだ。

トレード資金を吹っ飛ばし、ポジションを持てない状態になってしまったのなら

デモトレードで、やり直しすればいい。

「デモではお金が増えない。」

「デモでは緊張感が出ない。」

とか思って、なかなかデモをやらない人が多いが

その解釈が、負けてしまう原因だといってもいい。

デモで勝てた⇨実資金で負けた⇨再度デモに戻ることは”恥”

だと、思って劣等感も感じる時もある。

売れて人気が出て儲かったと思ったら、どん底まで叩き落とされた。

タレントや芸人の一発屋のような感じかもしれない。

またアルバイトからやらなければならないのか…面倒だな、惨めだな、かっこ悪いな

と感じる方が多いだろう。

そこで諦めたら、あなたの生涯トレード結果は負け確定。

「諦めたら、そこで試合終了だよ」by安西先生

その通りだ。

「相場は、用意が出来たらあなたが貰って当然のものを支払う。

その支払期日までそこにいればいいのだ」

忍耐強さを持つ。

倒されても倒されても立ち上がろう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

応援クリックよろしくお願いします! 
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1505162 mainbnr_stars

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です